スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


“脱民主”の男女2人が毒舌会談 「3党首は全部いなくなった」  (産経新聞)

 郵政改革・金融担当相を辞任した国民新党の亀井静香代表と消費者・少子化担当相を罷免された社民党の福島瑞穂党首が14日、都内で会談した。夏の参院選に向け、国民新党が社民党の3候補に推薦状を渡すためだったが、会談はさながら民主党に対する毒舌ショーとなった。

 亀井氏は「(鳩山由紀夫前首相を含め)連立政権の最初の3党の党首が全部(内閣から)いなくなっちゃった」と民主党への恨み節を交えつつ、福島氏に「うちはどっかの党と違って約束を破ったりせんから。(選挙支援は)全力投球でやらせる」と強調。

 福島氏が、社民党の連立離脱で鳩山政権崩壊が加速したことを念頭に、「私、菅内閣の生みの親とか言われています」とブラックジョークを放つと、亀井氏はすかさず「良い子が生まれた?」と切り返し、郵政改革関連法案の今国会成立を見送った菅直人首相を揶揄(やゆ)した。

 亀井氏は11日未明、民主党が郵政改革法案の今国会成立を見送ったことに反発して郵政改革・金融相を辞任。福島氏は、鳩山政権が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設先を同県名護市辺野古(へのこ)崎地区に決めたため閣僚を罷免され、社民党は5月30日に連立離脱を正式決定した。

【関連記事】
亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力
「政党間の約束」亀井氏 退任会見で民主を牽制
社民が参院選キャッチフレーズ「生活再建まっしぐら」
「民主主義への挑戦」福島氏が外相批判
参院選で民主候補を支援 社民鳥取県連

<豪雨被害>高校生らヒマワリの絵で復興願い 兵庫・佐用町(毎日新聞)
千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
<気温>世界平均、過去最高タイ 3〜5月…気象庁(毎日新聞)
宮城県警、廃品業者を家宅捜索=回収で高額請求、消費者庁も立ち入り(時事通信)
はやぶさ 後継機「2」開発推進へ 参院本会議で菅首相(毎日新聞)

小沢、枝野両氏、9日会談=幹事長職務引き継ぎで(時事通信)

 民主党の枝野幸男幹事長が9日午後、小沢一郎前幹事長と国会内で会談することが決まった。党幹部が8日夜、明らかにした。職務引き継ぎのため、枝野氏側が要請していた。 

芦屋の主婦、バイオリン練習中の9歳娘を暴行(読売新聞)
【陸自ハイチ奮闘記】先人の偉大な財産を引き継ぐ「日本人として誇りある仕事をしたい」(産経新聞)
司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
民主党新執行部 枝野幸男幹事長 絶妙な政界遊泳術で…(産経新聞)
元手100円 銀行強盗したかった… 交番で「銃よこせ」 67歳包丁男逮捕(産経新聞)

官僚と上手にやって=菅氏夫人(時事通信)

 民主党の新代表に選出された菅直人副総理兼財務相の伸子夫人は4日昼、テレビ朝日の番組に電話出演し、ファーストレディーになる心境を語った。
 伸子夫人は、朝の菅氏との会話を尋ねられ「普通の生活をしたいんですけど」と言ったことを紹介。「ファーストレディーとは大統領夫人のことで違和感を覚える。首相夫人でいいです」と語った。
 伸子夫人といえば、何事においても夫に直言することで知られる。「官僚と上手にやる内閣にしてほしい。政治家だけでやれるはずがない」「内閣が一体感を持たないとだめ」などと、注文を付けていた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実
〔写真ニュース〕民主代表に菅氏、午後「菅首相」誕生へ

生活保護費詐取事件 元代表、名前複数使い分け(産経新聞)
自民、横路議長不信任案再提出も検討(産経新聞)
兵庫・須磨沖で保護した迷いマンボウ その日に死亡(産経新聞)
ゴタゴタ自民 推薦で県連と対立 参院選宮城(産経新聞)
ミス神戸→投資失敗→詐欺容疑 小杉元文相妻の“転落”(産経新聞)

線路にドラム缶、特急が急停止…強風原因?(読売新聞)

 22日午後7時5分頃、愛媛県四国中央市土居町のJR予讃線で、岡山発宇和島行き特急「しおかぜ21号」が、線路上にあったドラム缶と接触、急停止した。

 特急は約1時間15分後、車体の下に入り込んだドラム缶を撤去、近くの伊予土居駅まで移動し、運転を取りやめた。乗客約120人にけがはなかった。

 四国中央署によると、通常のドラム缶の半分の大きさで、切断されていたものらしい。運転士は「横から飛んできた」と話し、近くから強風で飛ばされたとみられる。JR四国によると、事故当時、現場付近の風速計が最大瞬間風速20メートルを記録したという。

 同線は川之江―新居浜間で一時運転を見合わせた。接触した特急は7両編成で、後ろの2両は高松発松山行き特急「いしづち25号」。

東名阪自動車道で土砂崩れ、上り線通行止め(読売新聞)
国民に分かりやすい広報を=専門職4人募集中―厚労省(時事通信)
★独自★関学生らデリヘル経営、逮捕 少女雇い多額利益(産経新聞)
首相、豪外相らと会談(時事通信)
<掘り出しニュース>注文主そっくりロボット製作が夢 そっくり人形の会社(毎日新聞)

<アユ>初競り威勢よく 岐阜(毎日新聞)

 長良川の一部でアユ漁が解禁された11日、岐阜市茜部新所の市中央卸売市場で天然アユの初競りがあった。春先の冷え込みと11日未明の雨が影響し、入荷量は17箱(1箱あたり約1キロ、50〜80匹入り)と昨年の3分の1。最高値は過去10年で最高の1箱4万8000円だった。

 午前6時からの競りには約40人の仲卸業者らが参加。威勢のいい声が響く中、アユを次々に競り落とした。アユの体長は5〜15センチ(平均9センチ)と例年より小ぶり。名古屋の料亭などに出荷されるという。岐阜市の卸売会社「岐阜魚介」の杉山秀雄会長(68)は「天候も回復しており、(漁がピークを迎える)7月には遡上(そじょう)数も増えるだろう」と期待を込めた。【三上剛輝】

【関連ニュース】
養殖アユ:すくすく育ち、もうすぐ放流 岐阜・美濃
稚アユ:大きくなって帰ってね 児童ら放流−−鳥取・千代川河川敷 /鳥取
稚アユ:13万匹放流 例年に比べ体長大−−松阪の櫛田川 /三重
アユ漁:早くも解禁−−闘竜灘 /兵庫
黒羽観光簗:アユ料理楽しむ 那珂川河畔で営業開始−−大田原 /栃木

日本一の大阪ブドウ復活を 駒ケ谷地区再生へ熱い思い(産経新聞)
331円安で終了=東京市場(時事通信)
B型肝炎訴訟で首相ら、和解協議入り確認(読売新聞)
<毎日動画アワード>大賞に北海道の長瀬芳伸さん(毎日新聞)
<パロマ中毒死>11日判決 遺族「安全対策の不備認めて」(毎日新聞)

宮城で震度3(時事通信)

 26日午前6時23分ごろ、東北地方で地震があり、宮城県気仙沼市で震度3の揺れを観測した。気象庁の観測によると、震源地は宮城県沖で、震源の深さは約70キロ、地震の規模(マグニチュード)は5.2と推定される。 

日本医師会宛の鉢植え発火 職員を書類送検(産経新聞)
<雑記帳>保存食「鮨鮒」 140年ぶりに復活 長野(毎日新聞)
6月13日にはやぶさ帰還=豪州砂漠でカプセル回収−宇宙機構(時事通信)
<長崎県美術館>日本初、エル・グレコ「聖母戴冠」の展示を延期 火山噴火の影響で(毎日新聞)
国交政務官に6年間で献金1億 出身のJR西労組側から(産経新聞)

<警察庁>犯罪抑止へ官民連携を 都道府県警に通達(毎日新聞)

 警察庁は21日、「犯罪が起きにくい社会づくり」に向け、官民連携の強化を求める通達を全国の都道府県警に出した。今後の犯罪抑止対策の総合的な指針。公共機関や事業所を活用した防犯ネットワークの構築や規範意識の向上のため、「社会を挙げた取り組み」の必要性を前面に打ち出したのが特徴だ。

 全国の刑法犯認知件数は02年をピークに、03年から7年連続で減少。警察庁は「官民一体となった取り組みの着実な成果」とする一方、「国民の不安をかきたてる犯罪は依然多発している」と現状を分析し、今後の対策をまとめた。

 官民の防犯ネットワークについては、自治体による防犯ブザーの貸与▽ボランティア団体による犯罪多発地域のパトロール▽店舗や自宅を子供の緊急避難場所として提供−−などの取り組みが各地で行われている。通達は、取り組みが女性や子供、高齢者など社会的な弱者のために十分機能を果たしているかの点検を求めた。さらに必要に応じて新たなネットワークを整備するよう指示している。

 また「規範意識の向上ときずなの強化」を掲げ、警察をはじめ行政、教育が取り締まりや防止策に取り組むことが必要とした。具体的には(1)万引きなど軽い気持ちで手を染めてしまう犯罪を重大犯罪への「ゲートウェー」と位置づけ、再犯防止につながる取り締まりを行う(2)ゴミのポイ捨てや落書きなど「社会の秩序を乱す行為」を見過ごさず、指導や検挙にあたる(3)非行防止教育や「声かけ活動」を通じ、社会から孤立した少年の立ち直りを支援する−−などを掲げている。

 地域住民らを主体とした防犯カメラ設置の推進も盛り込んだ。大学や企業と連携し、防犯ボランティアに若い世代が参加するよう促していくことも指示。安藤隆春・警察庁長官は21日、東京都内で開かれた全国生活安全警察関係課長会議で「治安の改善はいまだ道半ばにある。犯罪抑止を一段と高い次元に発展させるため取り組みを推進してほしい」と訓示した。【鮎川耕史、合田月美】

【関連ニュース】
中国毒ギョーザ:警察庁で日中情報交換会議
APEC:警察庁がサイバーテロ対策指示
中国毒ギョーザ:21日から警察庁で日中情報交換
警察庁:被害届前でも逮捕 男女間トラブル対応で指針
変死:事件性見逃し98年以降39件 警察庁が報告

海外に59のミラーサイト…男児ポルノ事件(読売新聞)
【近ごろ都に流行るもの】大人の女性の靴下 優雅に美脚彩る(産経新聞)
発見の3遺体は不明経営男性ら 長野県警確認 (産経新聞)
羽生が2連勝=将棋名人戦(時事通信)
金塊7キロなど盗まれる=被害総額2000万円以上−福岡(時事通信)

都庁で東京マラソンフォト展示会(産経新聞)

 東京観光財団は19日から、都庁で「東京大マラソン祭り2010」フォトコンテストの入選作品の展示会を開催する。30日まで。

 2月末に3万5000人が参加して行われた東京マラソンでの、ランナーや応援者の喜び、感動をテーマに写真を募集。応募のあった141点の中から20点が展示される。

 金賞には千葉県習志野市の岩見喜仁さんの作品「パパ、がんばって」が選ばれた。都庁第一庁舎1階北側の東京観光情報センターで。問い合わせは(電)03・5840・8890。

宮崎県の官製談合、前知事側の控訴棄却(読売新聞)
隠したはずが襟元から釣りざお…現行犯逮捕(読売新聞)
<殺人・死体遺棄>貸倉庫遺体の身元を確認 長野県警(毎日新聞)
ピークは下り1日、上り5日=GWの予約状況−JR各社(時事通信)
<自民党>郵政事業PT座長に林芳正氏 離党の園田氏の後任(毎日新聞)

<ひき逃げ>女子高校生重体 京都の男を逮捕…岐阜・各務原(毎日新聞)

 岐阜県各務原市の国道21号交差点で5日夜、同市内の女子高校生(17)が大型トラックにはねられ、意識不明の重体になったひき逃げ事件で、同県警交通指導課と各務原署は6日、トラックを運転していた足立信夫容疑者(50)=京都府福知山市=を自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した。【石山絵歩】

【関連ニュース】
不審死:路上に男性遺体、頭などから出血 北海道・北見
3人死亡ひき逃げ:同乗者の男3人を不起訴に 名古屋地検
ひき逃げ容疑:100メートル引きずり、はねる 女逮捕
DNA誤登録:採取時、記名せず…神奈川県警
沖縄米軍ひき逃げ:女性3曹「基地内で飲酒」

<鳩山首相>6月訪中へ 上海万博出席、胡主席らと会談(毎日新聞)
<訃報>中川菊司さん82歳=歌人(毎日新聞)
取り調べ全面録画訴え=再審無罪の菅家さんら−リクルート事件江副氏も・日弁連集会(時事通信)
長官銃撃事件の検証開始=問題点洗い出しへ−警視庁(時事通信)
山崎さん、宇宙基地到着=ドッキング成功、野口さんと対面へ(時事通信)

「現場の声、政策反映へ」=日医新会長に期待−長妻厚労相(時事通信)

 長妻昭厚生労働相は2日の閣議後記者会見で、日本医師会会長選で民主党支持の原中勝征氏が初当選したことについて「大きな医療の団体なので、厚生労働行政をやる上でもご協力いただかなければならない。現場の声、現状を教えていただき、政策に役立てていくことを非常に期待している」と述べ、新体制との協力関係の構築に意欲を示した。 

【関連ニュース】
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

空自家具入札で官製談合=職員関与認定、防衛省に改善要求−公取委(時事通信)
<放火>銀行にガソリンまきライターで火、男逮捕 山形(毎日新聞)
<死傷事故裁判>刑猶予に異例の控訴…被害者陳情、実を結ぶ(毎日新聞)
<動物死骸>葬祭業の元町議を逮捕 不法投棄容疑で埼玉県警(毎日新聞)
【from Editor】たった一人のPKO(産経新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵事務所 岩手県
宝塚記念
ライブチャット
総量規制 主婦
出会いランキング
情報商材
現金化口コミ
selected entries
archives
recent comment
  • “脱民主”の男女2人が毒舌会談 「3党首は全部いなくなった」  (産経新聞)
    AtoZ (08/27)
  • “脱民主”の男女2人が毒舌会談 「3党首は全部いなくなった」  (産経新聞)
    ばいきんまん (06/14)
  • “脱民主”の男女2人が毒舌会談 「3党首は全部いなくなった」  (産経新聞)
    桃医 (01/09)
  • “脱民主”の男女2人が毒舌会談 「3党首は全部いなくなった」  (産経新聞)
    オリンキー (01/04)
  • “脱民主”の男女2人が毒舌会談 「3党首は全部いなくなった」  (産経新聞)
    玉木よしひさ (12/30)
  • “脱民主”の男女2人が毒舌会談 「3党首は全部いなくなった」  (産経新聞)
    こういち (12/25)
  • “脱民主”の男女2人が毒舌会談 「3党首は全部いなくなった」  (産経新聞)
    晶太郎 (12/21)
  • “脱民主”の男女2人が毒舌会談 「3党首は全部いなくなった」  (産経新聞)
    きんちゃん (12/18)
  • “脱民主”の男女2人が毒舌会談 「3党首は全部いなくなった」  (産経新聞)
    パイン (12/14)
  • “脱民主”の男女2人が毒舌会談 「3党首は全部いなくなった」  (産経新聞)
    ちんたまん (12/05)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM